まさかの血尿!!

我が家の愛犬、ミニチュアシュナウザーのゴンさんのお散策を通じていた状態です。

ゴンさんは雄なので足を上げて小水する。

軽く見ると。。
ゴンさんの小水が真赤・・・
まさかの血尿!!!

以前にも犬を飼っていたのですが、こんなことははじめてです。
しかもゴンさんはまだまだ2歳になったばかり。

ゴンさん・・・死んじゃうの!(泣)
しかし当のゴンさんは呑気みたいに電柱の臭気を嗅いでいました。

あわてて生物病舎に連れて行きました。

ゴンさんを生物病舎に連れていくのは何となく大変です。
かかりつけの生物病舎はマイホームから歩いて10パイくらいのことなんですが、
生物病舎に着くやいなやゴンさんは他の犬やらネコに吠えまくります。

言わば陣の腹黒いチンピラみたいに
仲間が怖そうなビッグ犬だろうが、プルプル震える小型犬だろうが構わずに吠えまくります。

叩いても、蹴ってもそっちのけです。(気持ちよくですよ)
押さえつけても暴れるし実に困ります。
坂上忍に来てもらいたいです。

こういう生物病舎はいつも混んである。
ウェイティングルームには居られずに、外の路上で1タイミングほど待たされて初めて番が回ってきました。

血診察と尿診察の結果、小水に砂がまじっているそうで「ストルバイト結石症」という病気でした。
血診察と、尿診察とお薬代で15,000円もかかりました。

それから2ウィークごとに病舎に通って、行くたびに8,000円程かかりました。

ゴンさんが来て最初の1年頃はペットショップに勧められて犬の見立て保険に入りましたが、
掛け金がおっきいので修正しなかったんです。

修正しとけばよかった〜
以後、4回ほど病舎に通ってよくなりました。

ストルバイト結石はミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気ですそうで、
予防するには水を満杯飲ませて犬用格別療法食(乾燥フード)を食べさせることです。

ゴンさんにはそれまで薬局などなどで並べる普通クレアトゥールの乾燥フードをあげていたのですが、
ストルバイト結石のプロテクト用のフードに変更しました。

生物病舎ではお高いのですが、ネットで買ったら意外と厳しくありませんでした。
フード代は毎月にすると2,000円周辺だったのが3,500円周辺になっただけです。

乾燥フードのワンさんの食費ってお買い得ですよね。
乾燥フードを食べないワンさんもいますがゴンさんは望ましく食べるので助かります。

フードを変えたら腹部の見た目も良くなったし、
口の周りの白いヘアーが赤茶けるのが治りました。

口のまわりが赤茶けることはよくある事でよだれが原因のようですが、
フードを変えたら治ったので何か関係があるのかもしれません。

もはや心配するのも、ウェイティングルームで吠えまくるゴンさんのお医者さん通いもこりごり。
ずっと元気でいてください。ホームページ