スイーツを楽しむ。

甘味を楽しむ

美味い甘味を食べると幸せな気分になりませんか!

月収1間近、身の回りと演説メインですが甘味を

食べをめぐっています。

甘味にも四季が見えるものが多いですよね。

四季を感じる甘味といえば和菓子ですが、きちんと食べる機会が

ないのです。

綺麗な和菓子も素敵ですが、気軽にコーヒーと共に甘味を

食べると演説も弾みます。

甘味の四季は形ではなく、果物が変わって来ることが

多い気がします。

春はいちごから始まり、初夏になるとさくらんぼ、夏はもも、

秋になるとぶどう関連がでてきまして、栗、かぼちゃなんかも

美味いですね。

冬に向けてリンゴタルトも出ますし、柑橘系の甘味も

大好きです。

月収1で行きますと、みっちり季節限定甘味が出るタイミングに

当たるので、そこで四季を感じています。

結構おいしみたいと思いつつ、それに目を奪われてしまうので

定番の甘味はいつも食べそびれてしまうのです。

書いてたらチーズ甘味食事したくなってきた。

ところで、僕は間食を作ることは僅かですが、

簡単なスイートポテトくらいは申し込みがあれば作ることもあります。

さつまいもの裏ごしがとーってもめんどくさいですが、これを

やるのと打ち切るのでは、おいしさが全然違うという派なので

こぶしが温かくなりながらも、これだけはやっています。

バターも美味いのを使うとコクが違うので、バターを買い足したり

すると、手数料などなど含めると買った方がいいんじゃないか!

なんて思ったりしちゃいます。

でも、できあがって熱々できれいな焼き眼ができたりすると

頑張った甲斐があったと僅か潤いを感じます。

お芋の美味い季節は、頑張って作ってみましょうか。

申し込みがある家屋が花ですかね〜http://xn--x-oeuvb4h1d.xyz/

ソルビトールとスクラロースて安心なの

ソルビトールとスクラロースて安心なの!←呼び名

アルティメットやコンビニで「和菓子隅」を歩くケース、大福から始めて、
月見団子、わらび餅、生八橋などなどをひっくり返して、添加物を見ると、
80パーセンテージ以上で使われているのが「ソルビトール」(もしくはソルビット)

 …試しに何でもよいので裏返してください。

 …今では砂糖が見つかりませんよ(笑)

ソルビトールは、糖スピリッツの一種で、砂糖について虫歯になりづらい
などのようなフィーリングがあり、もっと細菌の増殖を抑える結果腐りづらく、クオリティーキープの
理由もでかい結果、最近ではさんざっぱら多くの食べ物の中で使用されてます。

その他、保湿性が激しく一部のお弁当屋さんの「おにぎりをパサつかなく」
やるのも、こういうソルビットなのでした。

(リンゴにも手広くある)元々が自然に普通に存在する物質で、
また人工的な物でも、主な元がトウモロコシやジャガイモの
でん粉からでき上がる結果、添加物の中ではそれほどナチュラルな感覚です。

そういった感覚も手伝ってか、砂糖の代機材として町中に溢れている。

WHO(実情保健組織)では「ワンデイの能力は無限」としてますが、
ほんとに安全性が高いものなんですかねえ。

一つのデメリットは(生来産のものはさておき)人工に混合なる物質の
元のトウモロコシやジャガイモに「遺伝子規制された製品」が
混ざる可能性がある位置。

コーンスナックや、醤油などのような裏を見ると、元の目につく事柄に
「遺伝子組み換えではない」という掲載が見られますが、ソルビトールは
付票役目ナッシング。(それ!!知らなかったと起こるヤツ先ずいるよ!!)

高度に精製されてDNAやタンパク質が残存していないためのようですが、
フェア酷いもんですねえ。

一方、コンビニエンスストアの純生大福、バナナチョコ大福などなどには、
「トレハロース」が使用されていますが、これも遺伝子組み換え
不選別の原材料が使われているのでまず、とも雲泥の差ナッシングです。

さて、スクラロースの手法はどうでしょう。
そもそも「農薬の製造間」に偶然見つかった化学物質ですよねえ(苦笑い)

分子メカニズムに(炭素と結びつくと)身体に有害な塩素があり、
もっと運悪く炭素自体も塞がり、これらが重なって生成される
オルガノクロライドという分子が、ダイオキシンという物質らしい。

 …所詮は、どんぐりの身の丈比べなんでしょうね(大笑)

砂糖なら安心なの!
(邦人の行きつく先は、お砂糖です)

 …実は、砂糖もリラックスと言い切れないようですよ。

砂糖(その上白糖)も大量摂取すると、ミネラル不足に陥る
そうです。しかし引き続き限度のようですけど。
(※吸収されるところ体内の重要なミネラルを奪うそんなふうに)

季節限定節度かもしれませんが、プチお月見大福(株式会社 さわや加工)
などなどは、今なお「砂糖のみ」の掲載です。
(100世代続く和菓子屋さんの執着心なんでしょうかね)

虎の巻は、気になるヤツは「お砂糖」を使っている物を選んで、リミッタ—を
加えて「あくまでも適量」についてのようですネ!!ここでボディバッグを買いました